ヤツデヒトデ

F-90X 60mm RVP 大瀬崎 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 棘皮動物門 星形動物亜門 ヒトデ綱 真ヒトデ亜綱
 マヒトデ目(叉棘目) ホウキボシ科


輻長(中心から腕の先まで): 7cm


学名: Coscinasterias acutispina


英名: Cushion sea star ( Cushion = クッション sea star = ヒトデ)

漢字名: 八手海星


房総半島以南の西太平洋に分布する。
浅海の磯周りの石裏などに生息する。

体の下にある管足は先がふくらんで吸盤状になっている。体の表面には小さなイボ状の棘がたくさんある。

名前の由来は腕が8本あるところから来ているようだが、本数にはバラつきがあり6本のものや10本のものまでいろいろいるので定かではない。

ヤツでヒトデの腕は切れやすいが、再生力も強く、ちぎれた所から新しい腕が再生する。外敵によってちぎられる事以外にも、春先になると自ら二つに分裂して、それぞれ新しい腕を再生し、数を増やすこともできる。

分裂した時のそれぞれの大きさには関係なく、ちぎれた一本の腕からも再生する事ができるが、その姿は小さなヤツデヒトデに一本太い腕が生えているようで滑稽だ。