タカノハダイ

F-90X 60mm RVP 大瀬崎 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RVP 大瀬崎



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 脊椎動物亜門 顎口上綱 条鰭綱 新鰭亜綱
 スズキ目 スズキ亜目 タカノハダイ科 タカノハダイ属


全長: 45cm


学名: Goniistius zonatus


英名: Whitespottailed morwong ( White = 白い spot = 斑点 tail = 尾)
Flagfish ( Flag = 旗)

漢字名: 鷹之羽鯛


地方名: シマダイ(秋田)
フトンジマ(静岡県静浦)
ションベンタレ(三重)
キツネダイ(京都府丹後)
オカシカウオ(高知県柏島)
アラ(長崎)
シマキコイ(鹿児島)
ハーガイクレー(沖縄)
トゥルバイ(沖縄県糸満)
トゥルバイミーバイ(沖縄県国頭村字浜)
ババ(沖縄県平良市池間島、沖縄県宮古郡伊良部町字佐良浜)

本州中部以南、南日本、東シナ海、台湾に分布する。
亜熱帯、温帯の岩礁域やサンゴ礁域に単独で生息する。

体は側扁し頭頂部から背部にかけて盛り上がっている。体側には特徴的な黒褐色の斜走帯が9本ある。唇は厚いが口は小さい。各鰭は黄色みをおび、尾鰭には十数個の白色小斑点が散在する。

ユウダチタカノハに似るが、ユウダチタカノハには尾鰭の白色小斑点が無い。眼を通る帯がタカノハダイは眼の上方で3又に分かれるが、ユウダチタカノハは分かれない。解剖学的には背鰭の軟条数がタカノハダイ(32本)、ミギマキ(33本)、ユウダチタカノハ(28本)となり区別される。

雑食性で、甲殻類や海藻を食べる。産卵期は10月から12月である。

和名の由来は、体表の縞が鷹の羽の縞を連想させることからである。

釣りでは外道として釣れるが、磯臭いので捨てられる事が多い。メジナ釣りでタカノハダイが釣れるのは水温が低いからで、目当てのメジナが釣れないという目安となる。

臭みが強く不味いので有名であるが、旬の冬になると少しは美味しくなるので食用にすることは出来る。新鮮なものの腸を素早くとり、洗いや刺身にする。切り身を水にさらしても、臭みは抜けない。他にすき鍋、かす汁、味噌鍋、たたきなどにする。