シロボヤモドキ

F-90X 60mm RVP 大瀬崎 F-90X 60mm RVP 越前 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RVP 越前



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 尾索動物(ホヤ動物)亜門 被嚢(ホヤ)綱
 壁性(マボヤ・側性ホヤ)目 褶鰓(剛鰓)亜目 シロボヤ科


体長: 5cm


学名: Cnemidocarpa irene


英名: 不詳

漢字名: 白海鞘擬


日本の温帯域に分布する。
浅海の岩礁域の岩の上などに生息する。

シロボヤモドキと言っても見た目は白くなく、白から淡黄色の地に赤い不規則な模様がある。地色のところは隆起している。人間の内臓のような感じである。

入水孔と出水孔があり、水中の微小な遊性生物を濾しとって餌とする。

モドキとは大辞泉によると「名詞の下に付いて、それに匹敵するほどのもの、またそれに似て非なるものであるなどの意を表す。」ということ。