シロボヤ

F-90X 60mm RVP 大瀬崎 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 尾索動物(ホヤ動物)亜門 被嚢(ホヤ)綱
 壁性(マボヤ・側性ホヤ)目 褶鰓(剛鰓)亜目 シロボヤ科 シロボヤ亜科


体長: 5cm


学名: Styela plicata


英名: 不詳

漢字名: 白海鞘


世界の温水域に広く分布する。
浅海の岩はもちろん桟橋・ロープ・養殖中のカキやアコヤガイにも付着する。

体色は黄白色、体は楕円形をしていて堅い。

幼生の時は脊索という支持器官が背部にあり浮遊生活するが、やがて岩などに付着し、神経や血管が発達した高度な生き物となる。

初夏に成熟するが、水温が異常上昇するとカキやアコヤガイの殻に発生し、それらの貝を酸欠のため死滅させてしまうという被害報告がある。

ホヤの漢字名の海鞘はドイツ名のゼーシャイデ(海の鞘)の訳とされる。因みに、英名シースクワート(sea squirt)は海の噴水、フランス名フィーグ・ド・メールは海のイチジク、イタリア名トリュフ・デ・マーレは海のトリュフである。

和名の由来は植物のヤドリギの一名をホヤと言うが、ヤドリギの根っこの形状がホヤに似ているところから来ている

食用となるらしい。珍味といわれるマボヤは食べた事があるが、料理法が悪かったのか、あまり美味しくなかった。次回は是非美味しいホヤを食べてみたい。