サラサエビ

F-90X 60mm RVP 大瀬崎 F-90X 60mm RVP 大瀬崎 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RVP 大瀬崎



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 節足動物門 大顎亜門 甲殻綱 軟甲(エビ)亜綱 真軟甲(エビ)下綱
 エビ上目 十脚(エビ)目 抱卵(エビ)亜目 コエビ下目 イトアシエビ上科 サラサエビ科 サラサエビ属


体長: 5cm


学名: Rhynchocinetes uritai Kubo


英名: Cleaner shrimp (Cleaner = 掃除機 shrimp = エビ)

漢字名: 更紗蝦


南西日本、男鹿半島から琉球列島、日本海に分布する。
沿岸浅海の岩礁域に普通に生息する温帯種である。
水深10m以浅の岩間や転石間などに数多く見られる、サラサエビ科の中で最も一般的な種類。

和名の由来は、身体にある模様を更紗模様に見立てたところからきている。

このエビは他の魚類、軟体動物類などに付いた寄生虫などを捕食する習性がある。
それを目的に近づいてくるウツボの身体や口の中にいる事もある。

よく見かけるエビであるが、カメラを向けると岩穴の奥に入ってしまいなかなか撮影できない。
それでも時間をかけて待っていると、知らぬ間に手の甲に上ってきて何か啄ばんでいる様にすることがある。
俺の手に寄生虫でもいると言うのか。