オオカマス

F801 28-70mm REALA シパダン F801 28-70mm REALA シパダン F801 28-70mm REALA シパダン 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F801 28-70mm REALA シパダン
F801 28-70mm REALA シパダン F801 28-70mm REALA シパダン F801 28-70mm REALA シパダン



真核生物 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 脊椎動物亜門 顎口上綱 条鰭綱 新鰭亜綱
 スズキ目 サバ亜目 カマス科 カマス属


全長: 90cm


学名: Sphyraena putnamiae


英名: Sawtooth barracuda (Saw = のこぎり tooth = 歯 barracuda = バラクーダ、カマス)
Banded barracuda (Banded = 帯のある)
Dingofish (Dingo = 野犬)
Giant sea pike (Giant = 巨大な pike = 鉾先)
Indian barracuda (Indian = インドの)
Pick handle (Pick = つつく物 handle = ハンドル)
Snoek (Snoek = クロタチカマス)

漢字名: 大魳


地方名: ダイカマサー(沖縄)

琉球列島、インド洋、西太平洋に分布する。
浅海のサンゴ礁域の沿岸からやや沖合いを遊泳し生息する。

シパダンではこのオオカマスが渦巻状の大群となって泳いでいる。その塊は黒く大きく、遠くからでも群れが発見できるほどだ。群れの隙間から向こう側の海が見ないくらい、壁のように群れることもある。

体型は細長く、吻は細く尖る。体色は背が青灰色で、腹部は銀白色である。体側にくの字の横帯が多数並ぶ。尾鰭の外縁は黒く縁取られている。

ダイバーが一般に言っているバラクーダはオニカマスのことだが、バラクーダとはカマスの事で、オニカマスはグレートバラクーダと言う。オニカマスの尾鰭は黒く、先端が白くなっていることで見分けられる。

和名の由来は大型のカマスの意味である。穀物などを入れるムシロを叺(かます)と言うが、カマスの口が大きく開く事からこう呼ばれた。

食用となり、冬期に沖縄周辺で釣りや刺網などで漁獲される。