コガネヤッコ

F-90X 60mm RVP サイパン 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 脊椎動物亜門 顎口上綱 条鰭綱 新鰭亜綱
 スズキ目 スズキ亜目 キンチャクダイ科 ホラカントゥス亜科 アブラヤッコ属 ケントロピーゲ亜属


全長: 14cm


学名: Centropyge tibicen


英名: Lemonpeel Angelfish (Lemonpeel = レモンの皮)

漢字名: 黄金奴


小笠原諸島以南、中西太平洋に分布する。
やや深めのサンゴ礁・岩礁域に生息する。

この亜属の魚は一夫多妻のハーレムを持つのが特徴だ。

ヘラルドコガネヤッコに似ているが、眼の周りと鰓の縁に青色があるので、すぐ分かる。この青いアイラインが、アクアリストに人気の原因となっている。幼魚では身体の中心に、マトウダイのような黒い眼状斑があり、それにも青い縁取りがある。この幼魚斑の消失時期は個体差があり、中には幼魚斑の出ないものもある。

他種との雑種、いわゆる交雑種の多い魚で、交雑種のベースとなる事が多い。
雑食性で、サンゴのポリプ、藻類、付着生物などを食べる。