イボイソバナガニ

F-90X 60mm RVP 大瀬崎 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RVP F 伊豆大島



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 節足動物門 大顎亜門 甲殻綱 軟甲(エビ)亜綱 真軟甲(エビ)下綱
 エビ上目 十脚(エビ)目 抱卵(エビ)亜目 短尾(カニ)下目 クモガニ上科 クモガニ科 イソバナガニ属


甲長: 2cm


学名: Xenocarcinus tuberculatus


英名: 不詳

漢字名: 疣磯花蟹


相模湾以南、西太平洋、オーストラリアに分布する。
沿岸の岩礁域、サンゴ礁域の礁斜面のムチカラマツなどに生息する。

ムチカラマツ類に共生し、宿主のポリプに似た体色をし、甲羅にはポリプを付けていてカモフラージュしている。

甲は細長い円筒形をしており、こぶ状の突起がある。額角の先端は二股に分かれている。額角は押すが長く、雌は短い。

和名の由来は、イソバナに付く疣のある蟹という意味。