ホウボウ

F-90X 60mm REALA 大瀬崎 F-90X 60mm RVP 富戸 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RVP 大瀬崎
F-90X 60mm RVP 越前 F-90X 60mm RVP 越前 F-90X 60mm RVP 越前



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 脊椎動物亜門 顎口上綱 条鰭綱 新鰭亜綱
 カサゴ目 カサゴ亜目 ホウボウ科 ホウボウ亜科 ホウボウ属


全長: 40cm


学名: Chelidonichthys spinosus


英名: Bluefin searobin (Bluefin = 青い鰭の searobin = 海のコマドリ)
Red gurnard (Red = 赤い gurnard = ホウボウ)

中国名:緑鰭魚


漢字名: 魴鮄


地方名: キミオ(青森)
ドコ(秋田)
ホウホウ(富山)
キミウオ(北陸)
トコ(鳥取)
コウボウ(広島県賀茂郡)
ウンブ・キンツ(有明)
ホコノハ(鹿児島)

北海道南部以南、南シナ海まで分布する。
沿岸浅瀬から水深600mまでの砂泥底に生息している。

内側が濃い青緑色で青色の小斑紋のある大きな胸鰭と、四角くかたい頭部が特徴で、腹面は海底生活に適するように平たく座りをよくしている。ホウボウが海底から離れて移動する時には、胸鰭を翼のように広げてゆっくりと滑空するように泳ぐ。この胸鰭は滑空する以外には、フラッシングと言う敵を脅かす役目もする。

胸鰭下部にある棘条は遊離して3本の指状になっていて、それを左右に突き出し、脚のように交互に動かしながら海底を歩行する。さらに、この脚のような鰭条で歩く時には、先端を砂の中に差し込んでいる行動が見られる。これは実は砂泥中のエビ、カニ、シャコなどの甲殻類やゴカイ類を探しているのである。餌が見つかるとこの脚を使って掘り出し食べる。脚の先には人間の舌と同じ味蕾があり、味さえも感じてしまうのだ。

もう1つ大きな特徴は浮き袋で音を発する事である。ホウボウの発声は浮き袋の内側に特殊な筋肉が付いていて、それを収縮させることによって浮き袋を振動させ、共鳴させることで大きな音となるのである。海底にホウボウが沢山いるときには、田んぼの蛙のように「グワ、グワ」と騒がしい。これがなんとホウボウのラブコールである。産卵期は春から夏にかけてであるので、其の頃にはよく耳にする事が出来る。

和名の由来は、姿がカナガシラを髣髴とさせることからと言う説、頭の形が角張っていることから「方頭、方帽」となったと言う説、ボウは魚名語尾で「這う魚」の意味と言う説などがある。

昔は、赤い体色と鎧兜を着けた武士のような容姿から、尾頭つきのめでたい魚として、赤ん坊の生後100日目の箸初めなどの祝い事にも使われた。

ホウボウをキミオと呼ぶ地方があるが、これはかつて藩主が好んで食べたことから。この魚を君魚(キミオ)と敬称で呼んでいたものが現在も残っているからである。

底曳網などにかかり、高級魚として取引される。旬は12月~4月で雪の降っている間が、脂がのって美味しい。体の赤みが鮮やかなもの、ヌメリが透明なもの、腹の色が白くて引き締まっているものを選ぶとよい。肉は白身で、たんぱく質を多く含む。淡白な味を生かして、塩焼きや薄味の煮付け、碗だね、かまぼこなどに利用したり、ぶつ切りにしてちり鍋やブイヤベースにする。また、鮮度のよい大ぶりのものは刺身にすることもできる。