ヒラタエイ

F-90X 60mm RVP 富戸 F-90X 60mm RVP 富戸 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RVP 大瀬崎 F-90X 60mm RDPⅡ 大瀬崎



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 脊椎動物亜門 顎口上綱 軟骨魚綱 板鰓亜綱
 エイ目 トビエイ亜目 アカエイ上科 ヒラタエイ科 ヒラタエイ属


全長: 40cm


学名: Urolophus aurantiacus


英名: Sepia stingray (Sepia = セピア色の sting = 刺す ray = エイ)

漢字名: 扁鱝


地方名: ズルクタエイ(神奈川県三崎)
アカエイ(山口県下関)

本州中部以南、東シナ海に分布する。
沿岸から沖合いの砂泥底に生息する。

胸鰭を使って砂にもぐりこんだりする。エイの仲間の中では比較的小型である。

成魚の背面は黄褐色、腹面は白色をしていて黒褐色の縁取りがある。背鰭が無く、尾端に丸い尾鰭があり、尾部中央には毒棘がある。毒棘は刺されると大変痛い。体表は粘液が多く、鱗がない。

小型の甲殻類や軟体動物を捕食する。

卵胎生で夏に数尾の仔魚を産む。

建網や底曳網で他の魚に混じって漁獲されることはあるが、専門の漁は行われていない。あまり美味しい魚ではないので、料理に使われることはほとんど無い。