ヒメハナギンチャク

F-90X 60mm RVP 富戸 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RVP 富戸



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 刺胞動物門 花虫綱 六放サンゴ(スナギンチャク)亜綱
 ハナギンチャク目 ハナギンチャク亜目 ハナギンチャク科


触手環: 15cm


学名: Pachycerianthus magnus


英名: 不詳

漢字名: 姫花巾着


本州中部以南、九州まで分布する。
温帯域の外洋性の砂地に生息する。

中型のイソギンチャクで、ムラサキハナギンチャクよりは潮通しの良い外洋に棲む。縁触手は細く、その内外両面に各1本の細い白線があるのが特徴である。

刺胞は強く、大きな魚でも倒す力があるが、粘着力は弱いので、遊泳力の乏しいクラゲなど小動物を餌にしている。

色彩は変異しているものが多い。ハナギンチャク類の構造はムラサキハナギンチャクのページを参考にしていただきたい。