ドクウツボ

F-90X 60mm RDPⅡ タヒチ 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 脊椎動物亜門 顎口上綱 条鰭綱 新鰭亜綱
 カライワシ上目 ウナギ目 ウツボ亜目 ウツボ科 ウツボ亜科 ウツボ属


全長: 180cm


学名: Gymnothorax javanicus


英名: Giant moray (Giant = 巨大な moray = ウツボ)

漢字名: 毒鱓


琉球列島以南、インド洋、太平洋に分布する。
サンゴ礁域の浅海、礁斜面、礁外縁などに生息する。

幼魚は大きな黒色斑が網目状になっているが、成魚は細かい黒褐色斑が密集する。鰓孔が明瞭な黒斑で囲まれるのが特徴。

大型のウツボで文献によっては3mという記録もある。英名のジャイアント(巨大な)モレイはそこから来ている。また、和名のドク(毒)ウツボはシガテラ毒を持つことから来ている。

シガテラ毒は食物連鎖に因る毒なので、地域によっては無毒のところもある。日本、琉球列島や台湾では食用にされる。

大型で顎歯は鋭いが、おとなしく、人によく馴れる。

岩穴などにクリーニングするエビ類と同居していることが多い。ホンソメワケベラによるクリーニングも観察される。