ベニホンヤドカリ

F-90X 60mm RVP 伊豆海洋公園 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RVP 富戸



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 節足動物門 大顎亜門 甲殻綱 軟甲(エビ)亜綱 真軟甲(エビ)下綱
 エビ上目 十脚(エビ)目 抱卵(エビ)亜目 異尾(ヤドカリ)下目 ホンヤドカリ上科 ホンヤドカリ科 ホンヤドカリ属


甲長: 2cm


学名: Pagurus rubrior


英名: 不詳

漢字名: 紅本宿借


東北以南の太平洋沿岸に分布する。
水深300mまでの浅海の岩礁域などに生息する。

体色は鮮やかな紅色で、歩脚には赤白の帯がある。眼柄には紅白の縞模様がある。はさみ脚は右側が左側より大きく、棘があり、柔らかい毛も生えている。

日中でもよく見かけるが、実は夜行性である。いつ寝ているのだろうか。

脱皮により大きくなる。大きくなって宿貝が小さくなると、更に大きな貝に宿替えをする。その際、新しい宿が自分のサイズに合うかどうか、右側のハサミを当てて測るようだ。

ヤドカリの中では大型ほうで、サザエやヤツシロガイなどの貝殻を宿に利用する。

ヤドカリは飼育も比較的簡単で、観賞用としてもよい。成長したら、大きな貝殻を入れてあげるのを忘れてはいけない。

釣りの餌としても利用される。

食料にもなるらしい。