バラフエダイ

F-90X 60mm RVP サイパン 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F-90X 60mm RDPU タヒチ



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 脊椎動物亜門 顎口上綱 条鰭綱 新鰭亜綱
 スズキ目 スズキ亜目 フエダイ上科 フエダイ科 フエダイ亜科 フエダイ属


全長: 100cm


学名: Lutjanus bohar


英名: Large red mumea (Large = 大きい red = 赤い)
Twinspot snapper (Twin = 二つの spot = 点 snapper = タイ)

漢字名: 薔薇笛鯛


地方名: アカナー(沖縄県糸満、沖縄県国頭村字浜、久米島仲里村字真泊)
カカナ(沖縄県平良市久松)
アカイラウチィ(沖縄県宮古郡伊良部町字佐良浜)

南日本、インド・西太平洋に分布する。
沿岸の水深10〜70mの岩礁、サンゴ礁域に生息する。

体形はタイ型で細長く、側扁して、眼の前にくぼんだ溝がある。成魚の体色は一様に暗赤色で腹部は淡い。幼魚の体と鰭は暗色で、腹部は淡く、背部後方に二個の白色斑があり、後方のものが鮮やかである。

全長が5〜6cm程の幼魚はスズメダイ類に擬態する。バラフエダイは肉食性で、魚類や甲殻類を食べるが、それらを食べないスズメダイに擬態することによって、獲物を油断させ捕食する。モデルは特定のスズメダイではなく、似た斑紋の種に合わせることが出来る。

熱帯域では一年中産卵する。

和名の由来は体色が赤味がかっていてバラ色であることから。生きていても体色を変えることが出来るが、死ぬと赤くなることから、沖縄ではアカナーと呼ばれる。

シガテラ(ciguatera)毒があり食用にはされないが、餌により毒性が違うので、全てのバラフエダイが中毒する訳ではない。沖縄では練り物の材料にする以外、食べる事は無いが、小笠原・トカラなど食用にしているところもある。内臓に毒性が高く、煮たり焼いたりしても毒性が消えることは無い。

はえ縄、一本釣り、追込み網、定置網などで漁獲される。