アデヤッコ

F-90X 60mm RVP シパダン F-90X 60mm RVP シパダン 写真をクリックすると
高画質でご覧いただけます。
F801 28-70mm REALA シパダン



真核生物上界 動物界 後生動物亜界 脊索動物門 脊椎動物亜門 顎口上綱 条鰭綱 新鰭亜綱
 スズキ目 スズキ亜目 キンチャクダイ科 キンチャクダイ亜科 サザナミヤッコ属 ユークシィフィポプス亜属


全長: 40cm


学名: Pomacanthus xanthometopon


英名: Blue faced angelfish (Blue = 青い faced = 顔の angelfish = エンゼルフィッシュ)
Yellowface angelfish (Yellow = 黄色い face = 顔)

漢字名: 艶奴


慶良間諸島以南、インド洋・西太平洋に分布する。
浅海の岩礁域・サンゴ礁域の潮通しのよい礁斜面・ドロップオフなどに生息する。

主に単独で生活するが、ときにペアで見られる事がある。タテジマヤッコ属のように雌雄の体色斑紋が別種のように違う事は無く、また1尾の雄と数尾の雌で構成されるハーレムを作っている様子も見た事が無い。しかし、一般にはハーレムを作ると考えられている。縄張り意識が強く、大きな威嚇音を発する事がある。

サザナミヤッコ属の種では幼魚から成魚へと成長するにつれて、体色斑紋が著しく変化するものが多い。アデヤッコの幼魚は同属の他種と同様に、紺地に白い縞模様が入るが、尾鰭と顔が黄色いので他種とは区別できる。

体色の美しいキンチャクダイ科の中でも一段と艶やかなのでアデヤッコとされる。ヤッコの由来は本科特有の鰓蓋部の大きな棘を奴さんのヒゲに見立てたところから来ている。

食性は雑食性で、カイメンやホヤなどの付着生物や、藻類、サンゴのポリプまでも食べる。飼育する場合にも餌付けはやさしく、幼魚、成魚ともに何でも食べる。ただし、成長すると大型になるので大変である。